柴燈大護摩供(2017年3月5日)

 

高野山の春の山開きを告げる、「柴燈大護摩供 高野の火まつり」 は天候に恵まれ盛大に開催され、集まった多くの人たちの招福厄除が祈願されました。般若心経と不動明王の真言が太鼓の音とともに大護摩を焚いている間中、いつまでも響き渡り、あたり一面の法身が浄化されていくのがわかりました。火のまわりに集まることは古代から変わらない人間性の深くて熱い部分を刺激します。

DSC_0611

DSC_0699 DSC_0682 DSC_0657 DSC_0653 DSC_0651 DSC_0600