地域おこし協力隊ミーティング(2017年3月1日)

 

2016年度最後の高野町地域おこし協力隊会議。一年前の初顔合わせのときより、メンバーがそれぞれいい表情になっていたことは、一つの成果といえるでしょうか。現在の同僚は男性2人(30代・40代)女性3人(30代1人40代2人)。5人それぞれに取り組んでいることが違い、月に一度のミーティングが全員揃う唯一の機会。過疎化した地域での活動の日々は、たぶん大変なことのほうが多いでしょう。毎回のミーティングでは課題山積みですし一朝一夕で解決が難しい案件もあります。行政の担当者3人も含めて、この事業と向き合ってきた一年間がメンバーをさまざまな意味で変えつつあることがわかるディスカッション。この日は高野町長も参席され、次年度の展望などを話し合いました。ミーティングはいつもより長く3時間に及び、気がつくと外はみぞれ。高野に春が来るにはまだ時間がかかりますが、みんながんばろうね~(^^♪

 

drive way s