伝統印刷技術と高野版をリサーチ(2016年8月)

 

空海の著書やさまざまな密教経典をつくるために生まれた木版印刷「高野版」と、現代の高野山で伝統的に行われている印刷技術について取材をしています。長年、本をつくる仕事に携わってきた私なので、個人的にとても興味深いです。折本の魅力も全国的に注目が集まっていますね。ただ、木版は重要文化財に指定されているもの等以外は、案外「不要になったもの」として廃棄される例も少なくなかったようですね。さらに調査は続きそうです。何か情報ありましたらぜひください!

手作業の経本づくり。石の上にも三年

手作業の経本づくり。石の上にも三年


この案件は文献調査も重要になってます

この案件は文献調査も重要になってます