夏の高野山大学(2016年7月28日)

 

13669513_1057303621022948_4905435006541099340_o

高野山大学大学院での夏のスクーリングが始まり、全国から学友が集っています。通学部の学生さんも前期試験真っ只中で高野山図書館は熱気に満ちた月でした! 
私は、ふだんは自分で文献を漁りながらの研究が主ですが、スクーリングで授業を受けると新しい発見が増えて楽しいですね。「現代布教論」(近藤堯寛先生)を受けましたが、釈迦や空海の言葉を背景にしてオリジナルの文章を組み立てる方法のひとつが、市民活動などでもよく使われるKJ法を活用されていて興味深かったです。空海の言葉は自然物をたとえにした詩のようなものが多く、とてもわかりやすいのが特徴です。
8月初旬は曼荼羅の世界的権威でもある田中公明先生の特別講義があり楽しみです。たくさんの神仏が集住する「曼荼羅」の思想は、新しい社会づくりのわかちあいの現場にそのまま生きる考え方が見えて注目しているところです。【写真は高野山の玄関口・大門】