活動内容・組織概要

事業と組織図

会員は、「未来につなげるふるさと水田プロジェクト」「出版文化事業部」のいずれかに所属して活動することができます。NPO活動の多くはボランティア精神に依ることが多いものですが、その内容により活動実費や活動謝礼が支払われます。

事業と組織図

活動内容

当会は「地産地消をめざす和光市域の環境保全型農業の推進・実践およびサポートをし、農地という自然環境を地域資源として、生きた環境教育や福祉に生かしていく」という主旨で設立されました。とくに和光で残り少なくなった水田を市民の力で保全していきます。また、それを軸に、地域発の文化を創出し、講座や勉強会を開催します。また、将来的に情報発信のできるコミュニティスペースを設置、運営します。
法人申請に至るまでの経過としましては、2011年に発会した任意団体、和光出版・メディアの会として活動を続ける中で、2013年よりメディアの会が事務局となり、会派を超えた協議会である「環境協働会議」を6回開催してきました。その中で、市内にわずかに残った水田の保全プロジェクト「未来につなげるふるさと水田プロジェクト」が生まれ、2014年には大きなうねりとなって成長してきました。これを機に、複合的な公益活動を推進する母体をつくろうと考え、NPO法人化に踏み切ることになりました。

代表 佐藤 麻由子

組織概要

団体名
NPO法人 和光・風の里
代表理事
佐藤 麻由子
住所
埼玉県和光市南1-12-71
連絡先
090-8110-3858(佐藤)
E メール
info@tanbonoie.com
HP
http://tanbonoie.com/
定款に記載された
法人の目的
この法人は、和光市及び近隣地域における環境保全型農業への参加、実践、及び啓蒙活動を通じて、地域社会と地球環境の持続可能性に寄与することを目的とする。
活動分野
・わこう田んぼプロジェクト
(未来につなげるふるさと水田プロジェクト)
・和光出版・メディアの会(紙媒体での本づくり)
・環境協働会議(会派をこえた環境協議会)
・情報発信スペースとしての居場所事業(今後展開したい意向)
設立日
2014年11月25日
ダウンロード(PDF)
・団体概要
・運営規則
・NPO法人入会申込書