3年目の苗づくり(2015年5月10日開催)

 

いよいよ田んぼ事業の開幕です。苗造は、イベントではなく、「静かに静かに」見守りながら発芽を待つ「儀式」。私たちのNPOでは限定5人のスタッフだけがこの儀式に参加します。

3年目のスタッフは「今年もいよいよですね」はじめて参加する人は「たのしみです」稲作農家さんは「お祭り騒ぎじゃないぞ」といつものように厳しい。

わたし(代表者)は…さまざまな思いがよぎります。

とにかく、よく籾と苗と、会話するように心がけたい。発芽までの見えない「萌芽」が大事だということは、すべての事象においてあてはまるような気がします。

私たちの眼前にあることは、目に見えないことから発していることが多いです。イメージではなく、もう少しそれを具体的に伝えられるような自分になれるようにしたい。すべてを手放しつつ、包括することができたら、すばらしいでしょう。

写真は一年目のすばらしくよくできた苗です。ことしはこれを超えられますように。

nae2