風の里選書01 道ひとすじ ~外交史料館で考えたこと~ 吉村道男著

 

book1

白子在住の歴史家、吉村道男の日本外交史に係る論文・エッセイを掲載。また、若い人にも親しみやすくする工夫として、編集部より橋渡しコラムを加筆しました。

これからますます深められるべき分野の一つ、外交史を研究する若い研究者の方々、ご一読ください。

著者は同じく歴史家で白子文化会の一員であった吉村徳蔵氏の実弟にあたります。

頒価1200円

こちらよりお問い合わせください。