苗づくり、そして地域活性化(2015年5月10日)

 

苗床には最初にたっぷり水をやります。じゃぶじゃぶいうくらい!

苗床には最初にたっぷり水をやります。じゃぶじゃぶいうくらい!

年代ものの種まき機を使って協力して作業

年代ものの種まき機を使って協力して作業

和光市にただ一つ残った稲作農家さんのお庭で、ことしのお米づくりの苗づくりを手伝いました。当NPOからは5人のスタッフが参加。うち、二人は地方へ移住しての就農希望者です。ことしは、国の地方活性化策により、都会から地方へ移住しての若者の求人がたくさん出ています。それは、地方と都市の交流であったり、過疎化して久しい田舎の魅力を再発見するしごとであったりします。当NPOでも、この流れの中で微力でもなにかできないかと思いながら、和光に残された田んぼでことしも変わらず活動していきます。参画したい方はいつでもご連絡くださいね。途中からでも会員になっていただけますよ。まずは、6月の田植えイベントだけでも参加したい人はボランティア登録にて参加いただけます!