代掻き(しろかき)をおこないました(2016年6月11日)。

 

梅雨の合間の晴天に恵まれて、代かきをやりました。
代かきとは、田植えのために田んぼに水をいれて土を砕いてかきならす作業のこといいます。
これをやると、田んぼの水漏れを防ぐことができ、田植えもしやすくなって、苗の根付きも良くなるそうです。
耕運機を使ってやったのですが、しっかり支えていないと機械もやっている人も田んぼに足をとられてしまうので、結構な重労働でした。
先輩に代かきのコツをご指導して頂きながら、みんなで協力してなんとか全部終えることができました!
 20160611代かき220160611代かき
午後、稲の苗を受け取り、田んぼの端っこに並べました。
いよいよ来週は田植えの予定です。
小さい稲の苗が気持ちよさそうに風になびいていました。楽しみ、楽しみ~♪

20160611代かき3